越前朝倉家の柱石・朝倉宗滴(教景)の生涯

戦国時代といえば、織田信長や武田信玄、上杉謙信といった著名な大名が覇を競った16世紀後半をイメージしがちですが、前半にも魅力的な武将は数多く存在しています。 今回取り上げる朝倉宗滴もその一人で、加賀の一向一揆に絶えず国境を脅かされる越前にあって朝倉家の統治を確固たるものにした名将です。 時代劇などでもなかなか登場することは少なく、その一生について触れられることも多くはないため、この機…

続きを読む

後北条氏5代の柱石・北条幻庵(長綱)の90年を超える生涯

後北条氏と言えば戦国時代に100年以上にわたって関東に君臨した大名であり、氏政・氏直父子が豊臣秀吉の小田原攻めにあって滅亡の憂き目を見たことにより天下が統一された(やや不正確ですが)ということで一般にも知られた存在です。 初代の早雲にはじまり、2代目・氏綱、3代目・氏康といずれも名将として知られた君主を輩出したことでも名高く、川越夜戦などで活躍した八幡太郎こと北条氏綱など親族衆にも多く…

続きを読む

雷神・戸次鑑連こと立花道雪の大友家三宿老としての生涯

戦国時代後期の九州地方は、豊後の大友氏、肥後の龍造寺氏、薩摩の島津氏の三強がしのぎを削る状況が長らく続いていました。肥後や薩摩が背後を海に守られているのに対し、豊後は海の向こうに中国地方を制した毛利氏が控えており、ややもすれば挟撃されかねない地理上のディスアドバンテージを抱えており、領地を守るためにより外交的な手腕が求められていました。 その大友氏にあって、知勇兼備の名将として知られた…

続きを読む

スポンサード リンク