おね ぜんとう たけのり ねね キリシタン シーマンズ 一乗谷 一向一揆 一向宗 七本槍 三七 三国同盟 三増峠 三増峠の戦い 三好信吉 三好幸信 三好康長 三悪人 三方が原 三方が原の戦い 三河 三法師 三浦春馬 上杉定勝 上杉景勝 上杉景虎 上杉謙信 上田合戦 中国大返し 中村橋之助 中納言 丸根砦 主人公 九度山 二階崩れの変 五人衆 五大老 五奉行 井伊直孝 井伊直平 井伊直弼 井伊直政 井伊直虎 井伊直親 京極政経 今川氏親 今川氏輝 今川義元 仙石秀久 伊勢 伊勢新九郎 伊東義祐 伊豆 伊賀越え 伊達政宗 伊達正宗 伊集院忠真 会津 佐久間盛政 佐渡守 侍従 信之 信勝 信孝 信幸 信忠 信意 信濃 信親 備中高松城 八丈島 八尾 八幡丸 冬の陣 出版業界 出雲 刀鍛冶 刈田 刑部 利休七哲 前田利家 前田利常 前田利長 加藤嘉明 加藤清忠 加藤清正 加賀の一向一揆 北村一輝 北条早雲 北条氏なお 北条氏康 北条氏政 北条氏照 北条氏盛 北条氏直 北条氏綱 北条氏邦 北条為昌 北畠 北畠具教 北畠親房 千姫 南北朝時代 厳島の戦い 又兵衛 吉川広家 吉川興経 名胡桃城 四国攻め 四天王 国人衆 国府台の戦い 土佐 土岐頼武 坂崎直盛 執権 堺雅人 増田長盛 夏の陣 大久保忠世 大久保忠隣 大内義興 大内義長 大内義隆 大内輝弘 大友 大友宗麟 大友義鎮 大友義鑑 大和 大坂の陣 大坂冬の陣 大河ドラマ 大蔵卿 大谷吉治 大谷吉継 大野治房 大野治長 大阪 大阪城 大隅 天下布武 天下統一 天地人 天正伊賀の乱 天王寺 天王寺口 天目山 太原雪斎 奇妙丸 女城主直虎 好白 如水 妙覚寺 姉川の戦い 姫若子 婿殿 宇喜多直家 宇喜多秀家 宇喜多騒動 宇梶剛士 守護代 安国寺恵瓊 安芸 宮部継潤 寿桂尼 小倉城 小山田信有 小山田信茂 小川祐忠 小早川秀秋 小早川隆景 小松姫 小林顕作 小牧・長久手 小牧・長久手の戦い 小田原城 小田原攻め 小笠原忠脩 小笠原秀政 小西行長 小野政直 小野道好 尼子 尼子晴久 尼子清定 尼子興久 山内一豊 山崎の戦 山県昌景 山西惇 山路正国 岡山口 岡山城 岡本健一 岡貞綱 岩剣城 島津 島津に暗君なし 島津四兄弟 島津義久 島津義弘 島津豊久 川中島 帰蝶 幕府 平岩親吉 平幹二郎 平野長泰 幸村 幽斎 後北条氏 後藤又兵衛 後藤基次 後藤基次ぐ 従三位 従四位下 御伽衆 御宿政友 御盾の乱 御舘の乱 御館の乱 徳川四天王 徳川家康 徳川秀忠 応仁の乱 惣無事令 慶長 慶長の役 戸川達安 戸次川 戸次親家 戸石城 改易 敵味方 文治派 文禄 斎藤義龍 斎藤道三 新井浩文 日向 昌幸 明智光秀 明智城 明石全登 春風亭昇太 景虎 最上義光 月山富田城 朝倉孝景 朝倉義景 朝鮮出兵 木下家定 木崎原の戦 木曽義昌 木村重成 本多俊正 本多忠勝 本多忠真 本多忠高 本多正信 本多正純 本能寺 本能寺の変 朽木元綱 杉本哲太 李舜臣 村上義清 松ヶ島城 松代藩 松尾山 松岡茉優 松平元康 松平広忠 松平忠直 松永久秀 柴崎コウ 柴田勝家 桑名 桜田門外の変 桶狭間 桶狭間の戦い 森吉成 榊原康勝 榊原康政 榊原長政 橋本マナミ 武断派 武田二十四将 武田信玄 武田信虎 武田勝頼 武田晴信 武田義信 武藤喜兵衛 殺生関白 毛利 毛利元就 毛利勝信 毛利勝永 毛利輝元 氏直 汁かけ飯 池田恒興 沖田畷の戦い 油売り 沼田城 沼田裁定 法蓮坊 津野親忠 浅井 浅井長房 浅井長政 浅利陽介 浅野長晟 浪人 淀君 淀殿 清州会議 温水洋一 滝川一益 濃姫 熊本城 片倉守信 片倉重長 片岡愛之助 片桐且元 犬伏の別れ 狭山藩 玄広恵探 玉縄 田中融成 甲斐 男闘呼組 百姓 直江兼続 直虎 真田丸 真田信之 真田信幸 真田信繁 真田太平記 真田幸村 真田昌幸 矢柴俊博 知勇兼備 石川数正 石田三成 石見 碧蹄館の戦 磯野員昌 神川 神流川の戦 禁止令 福島正則 福島正守 秀頼 秋月文種 稲姫 稲葉山城 穴山梅雪 立花宗茂 立花山城 立花誾千代 竜宝 竹林院 笑岩 筑前 箱根権現 米沢藩 粕谷武則 細川忠利 細川藤孝 緒方拳 織田信秀 織田信長 織田信雄 織田有楽斎 義弟 羽柴信吉 羽柴秀俊 羽柴秀吉 老中 耳川の戦い 肥後 脇坂安治 花倉の乱 花房正成 若江 茶々 茶人 茶筅丸 草刈正雄 薄田兼相 薩摩 藤堂高虎 藤岡弘 街道一の弓取り 裏切り 西尾宗次 西村官九郎 誉田 諏訪御料人 謙信 講談 豊前 豊後 豊臣秀吉 豊臣秀次 豊臣秀長 豊臣秀頼 賤ヶ岳 賤ヶ岳の戦い 赤座直保 越前 足利義昭 足利義晴 軍師官兵衛 辰之助 近江 近藤正臣 道明寺 遠藤憲一 酒井忠次 重臣 金吾 鎌倉 鏡山城 長井新九郎 長井長弘 長宋我部盛親 長宗我部元親 長宗我部盛親 長寿 長尾政景 長尾景虎 長篠の戦 長篠の戦い 長船綱直 関ヶ原 関ヶ原の戦い 関東 阿南健治 阿閉貞征 陶晴賢 隆清院 頼芸 顕家 養子 館林城 香川親和 駒姫 駿河 高台院 高城 高天神城 高島政伸 高橋和也 高野山 鬼島津 鬼石曼子 鳥居元忠 鶴松 鷹匠 黒田官兵衛 黒田長政 龍造寺 龍造寺隆信

越前朝倉家の柱石・朝倉宗滴(教景)の生涯

2017/03/14 00:01
戦国時代といえば、織田信長や武田信玄、上杉謙信といった著名な大名が覇を競った16世紀後半をイメージしがちですが、前半にも魅力的な武将は数多く存在しています。 今回取り上げる朝倉宗滴もその一人で、加賀の一向一揆に絶えず国境を脅かされる越前にあって朝倉家の統治を確固たるものにした名将です。 時代劇などでもなかなか登場することは少なく、その一生について触れられることも多くはないため、この機会に少しでもその存在が知れ渡ればいいなと思います。 越前朝倉家の八男坊家督への野..

続きを読む

文武に秀でた家康の腹心~赤備えで名を馳せた井伊直政の生涯

2017/01/22 01:08
徳川家康の覇業を支えた名臣として知られる酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政の4名は、徳川四天王として現在に至るまで語り継がれていますが、この中で唯一井伊直政だけは徳川(松平)譜代の家臣の家柄ではありません。にもかかわらず、4人の中でも随一ともいえる勲功を挙げ、家康から深く信頼されるに至るまでには、並外れた苦労があったものと思われます。 2017年のNHK大河ドラマ「女城主直虎」では、この直政の養母である柴崎コウさん演じる井伊直虎が主人公として描かれていますが、幼..

続きを読む

日本一の兵(つわもの)・幸村こと真田信繁の生涯②~秀吉編

2016/11/05 17:23
前回に引き続き真田信繁の生涯について見ていきたいと思います。 前回は第一次上田合戦までについて見ましたが、この時期の信繁の動静は断片的にしか残っておらず、父親である昌幸の存在感の方が際立っていました。 NHK大河ドラマ「真田丸」でも、序盤から中盤までは昌幸役の草刈正雄さんの好演が注目され、主役であるはずの信繁がかすんでいたくらいなので、やはり信繁が注目されるのは最晩年の大坂の陣を待つ必要があるようです。 もっとも、それまで信繁が何もしていなかったわけでは..

続きを読む

大名への返り咲きを目指し大坂に散った長宗我部盛親の生涯

2016/10/07 20:25
長宗我部盛親は、大阪の陣で豊臣方に参じた有力武将の中でも、後世の知名度こそ真田信繁(幸村)などに劣るものの、当時としてはかなりのネームバリューのある人物でした。 一時は四国平定をほぼ達成したこともある土佐の名門の長宗我部家の当主として関ヶ原の戦いで一敗地にまみれて改易の憂き目にあい、雪辱を期して豊臣方として臨んだ大坂の陣でも敗れた非業の人物ではありますが、徳川方を苦しめた武将として未だに語り継がれる存在となったのはせめてもの慰めではないでしょうか。 大河ドラマ..

続きを読む

徳川四天王随一の猛将・本多忠勝の生涯~真田信之の妻・稲姫(小松姫)の父として~

2016/09/17 22:08
江戸幕府を開いた徳川家康には多くの名臣と言われる部下がいましたが、なかでも長くに渡って支えた知勇兼備の酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政の4名は特に徳川四天王と呼ばれてその活躍が称賛されています。 その一人である本多忠勝は、大河ドラマ「真田丸」では、初代仮面ライダーとしてもおなじみの藤岡弘、さんが堅物ながらどこかコミカルな演技で好評を博していますが、実際の忠勝も武勇だけでなく、知略にも優れた一流の人物であったようです。 今回は、この忠勝の生涯にスポット..

続きを読む

豊臣恩顧の名将~虎退治で名を馳せた加藤清正の生涯

2016/09/12 22:29
熊本城の築城者である加藤清正は、豊臣秀吉子飼いの勇猛果敢な武将として知られていますが、決して武力一本やりだったわけではなく、知勇兼備の優れた人物であったようです。 大河ドラマ「真田丸」では新井浩文さんが荒々しくも思慮深さも備えた役回りをうまく演じられていますが、実際の清正のイメージにも近いのではないでしょうか。 今回は、豊臣恩顧として大名にまで取り立てられながら、豊臣家を守りきることができなかった清正の生涯に迫ってみたいと思います。秀吉の小姓として賤ヶ岳七本槍..

続きを読む

豊臣家の公達から世紀の裏切り者へ~小早川秀秋の数奇な運命

2016/09/04 01:07
関ヶ原の戦いの主役は石田三成と徳川家康ですが、この二人に負けるとも劣らない存在感を放っているのが小早川秀秋です。 関ヶ原まではあまり注目を集めることのなかった秀秋が、現在に至るまで裏切り者の汚名を着せられて歴史に名を残す存在になった背景には何があったのでしょうか。 大河ドラマ「真田丸」では、一昨年の「軍師官兵衛」に引き続き、浅利陽介さんが気弱そうな役柄を演じられていますが、実際の秀秋も時代に翻弄されてもがき続けた生涯だったようです。秀吉の親族として小早川家へ運..

続きを読む

細川忠興とその妻ガラシャ~戦国の教養人と明智光秀の娘の生涯

2016/08/28 11:37
細川忠興は、父の藤孝とともに教養人として知られる一方、豊臣秀吉、徳川家康という天下人に仕えて幾度となく功を立てるなど武将としても優れた才能を持ち合わせていました。 その妻であるガラシャは、明智光秀の娘として数々の悲劇に立ち会うことになりますが、夫婦仲は円満だったようです。 今回は、大河ドラマ「真田丸」での矢柴俊博、橋本マナミの好演によって、ますます注目が集まっているこの両名にスポットを当ててみたいと思います。藤孝の息子・光秀の娘本能寺の転機豊臣政権下での活躍ガ..

続きを読む

鬼島津こと島津義弘はいかにして関ヶ原の戦いで退き口を達成したのか

2016/07/20 23:05
島津義弘は、数ある戦国武将でも勇猛で知られる名将であり、大河ドラマの主人公としても期待される人物です。 関ヶ原の戦いではわずかな兵力で徳川本隊に突撃するなど、その生き様には清々しささえ感じさせます。 そこで今回は、島津に暗君なしと言われるほど、歴代知勇に優れた当主に恵まれた島津家の中でもひときわ輝く義弘の生涯を見てみたいと思います。島津四兄弟九州平定秀吉の九州攻め関ヶ原の退き口 スポンサード リンク 1.島津四兄弟 島津義弘は、薩摩の源氏の名門である..

続きを読む

忠義の人・宇喜多秀家~軍師官兵衛に続き真田丸でも登場

2016/07/13 18:00
宇喜多秀家は、豊臣家の五大老のひとりとして、秀吉への忠義を貫いて関ヶ原を戦った武将として知られていますが、それによってその人生の多くを本州から遠く離れた地で過ごすことになった悲運の人物です。 乱世の権謀術数がうごめく中で、そういった動きとは一線を画してさわやかに散って行った秀家には今なお多くの人が心惹かれていますが、実際には謀略家の父親を持ち、後にはお家騒動に巻き込まれるなど、その一生は波乱に満ちたものでした。 なお、大河ドラマ「真田丸」では高橋和也さんが演じ..

続きを読む

新納慎也演じる豊臣秀次の一生~長澤まさみ「きり」との結婚はあるのか?

2016/07/03 00:05
今回取り上げるのは、天下人豊臣秀吉の甥である豊臣秀次です。 これまで時代劇などでもあまり描かれることのなかった秀次ですが、今年の大河ドラマ「真田丸」では新納慎也さんが演じてかなりキーパーソンとして扱われています。 ドラマではかなり人のいい人物として描かれていて、長澤まさみさん演じる「きり」との色恋沙汰の行方も気になるところですが、実際の秀次は秀吉によって切腹に追い込まれたというイメージが先行してその人物像はあまりよく知られていません。 そこで、秀次の経歴..

続きを読む

軍神謙信の後継者上杉景勝は寡黙で忠義の士~天地人の名脇役~

2016/07/02 01:01
戦国時代を代表する名将の一人である上杉謙信の後継ぎとして上杉景勝の名は知られていますが、実は実子ではなく養子です。 大河ドラマ「真田丸」では遠藤憲一さんが演じていい色を出していますが、以前の「天地人」でも北村一輝さんの寡黙な演技が好評を博していましたね。 実際の景勝の性格も口数が少なく寡黙であったそうで、ドラマのイメージに近いのではないかと思われます。 謙信を後を継いだ直後の織田信長との戦いを切り抜け、武田、北条、徳川といった戦国を代表する大勢力と幾度となく..

続きを読む

スポンサード リンク